結婚後だけでなく婚約中も浮気はダメ!

結婚後だけでなく婚約中も浮気はダメ!

結婚後だけでなく婚約中も浮気はダメ!

よく彼氏に浮気が浮気している、彼女が浮気しているかも、という人がいますが、基本的に独身の男女が誰と付き合おうが自由です。
浮気というのは法律用語ではないのですが、法律的に不法行為とされるのは婚姻中、あるいは婚約中に他の異性と肉体関係を持つことだそうです。
つまり付き合っているだけではただの自由恋愛の範囲になりますので、多数の異性と同時進行しようが自由なわけです。
法律的に訴えられる可能性が出てくるのは結婚した後はもちろんのこと、婚約していると言えるかどうかです。

付き合い始めてすぐに結婚しようね、などと口頭で言い合うのはよくあることです。
口約束でも互いに合意があれば一応婚約は成立するのですが、仮に先ほどのような浮気が原因で別れることになり、慰謝料を請求するという話になった場合、請求する側が婚約していたと言っても請求される側は婚約などしていないと言い張るケースが多いので、婚約の成立についてはしばしば争われることになります。
そんなことで裁判沙汰になるなんて考えられないと思う人も多いと思いますが、実は婚約破棄、婚約中の不貞行為などで裁判になるケースはとても多いのです。
私なんて、そんな相手とはさっさと別れれば良いではないか、裁判でいつまでも関わるほうが嫌ではないのかと思ってしまいますが、現実にはそんなにあっさりと切り捨てられるものではないらしく、相手になんらかの制裁を加えたいと気持ちがおさまらないという人も多いようです。
裁判で婚約が成立していたかどうかが争いになる時は、ある程度客観的な証拠が必要になります。口約束だけでは言った言わないの水掛け論になり、そうすると訴えた側が負けるのが裁判の鉄則です。

客観的な証拠とは婚約指輪や結婚式場の予約、職場に結婚の報告をしているかといった具体的な結婚に向けての動きです。
互いの両親への挨拶も客観的な証拠のひとつにはなりますが、最近は別に婚約していなくても親に交際相手を紹介することはよくありますので、これだけでは難しいでしょう。

Copyright 2014 結婚後だけでなく婚約中も浮気はダメ! All Rights Reserved.